Webサイトはじめました

芝田です。本日、文芸サークル「虚事新社」が名実ともに3人組となって再スタートするにあたって、Webサイトをはじめました。

大学図書館のテラスで小説を書く行為にテンションが上がるようになってしまった作家・田畑農耕地。

 

課題と作業に追われる日々に、遠い目をして「そういうもん」と呟くデザイナー・czu(しず)。

その2人から鬼だの畜生だのと呼ばれ、「夜道に気をつけろ」と警告される編集・芝田拓。

この3人で、今後活動を一層展開していきます。

いつまで3人組でやっていくことになるかは分かりませんし、何かしらの事情で活動を離れるメンバーが出たときにはそれ以上3人組にこだわるつもりもありませんが、まあ当面は3人組です。

ちなみに、「名実ともに」っていう記述に引っかかりを感じた人は、既刊『ヤマオク!』の巻末にその辺の前日譚が綴られているので読むといいと思いますよ(宣伝)

さて、当面の活動予定ですが、8月21日のCOMITIA117参加に向けて現在準備を進めています。新刊として、田畑の新作長編小説『壮途の青年と翼賛の少女』を頒布開始予定です。

この新作、編集として最初に読ませてもらいましたが、贔屓目なしにオススメできる出来栄え。ぜひ最後まで読んでいただきたい一作となっております。どうぞご期待ください。

ではでは、今後とも虚事新社をよろしくお願いします。

企画・編集担当 芝田拓